看護師バイトの勤務時間 - サービス残業はあるのか?

看護師バイト → 看護師バイトのサービス残業について

看護師バイトのサービス残業について

最近他の業種でも言える事ですが、サービス残業が増えています。看護師の仕事でもそれは例外ではなく、全国の看護師の仕事で平均すると毎月約23時間がサービス残業として支払われるべき給料が支払われずにいる状態になっています。

また、約30人に一人はなんとひと月に60時間ものサービス残業があります。これはサービス残業としてカウントされた時間なので、実際の勤務時間はさらに長い事が予想でき、問題視されています。

また、看護師の方は資格を生かしたアルバイトをするという方も中にはいます。給料にさらに少しプラスしたいという時に、看護師のアルバイトは時給も良いので空いた時間を利用して収入を作る事ができます。

ですが、アルバイトでもサービス残業が多くなっています。場合によっては2~3時間ほどの時間外の仕事をする場合もあるようで、本来時間給でカウントされるアルバイトの仕事なのにおかしいと話す看護師の方もいます。

これには看護師のアルバイト特有の事情があり、やはりアルバイトでも、目の前の患者さんの処置を中途半端にして仕事を終われないという事があります。時間だからとすぐに仕事を終えて、患者さんに迷惑がかかってしまったら、最悪の場合は体の症状も悪化してしまい、仕事の意味がありません。

そのため、時間ぴったりで終わる事が難しい事情が看護師のアルバイトにはあります。しかし、そうであったとしても、時間給は正当に支払われるべきです。

ですが、これに文句を言っても、中々受け入れてもらえず、うやむやにされる事は多いです。そのため、アルバイトを引き受ける際に仕事のイメージが付いたら、起こりそうなケースについては質問をしておきましょう。

そこではっきりとした返事を貰えないようであれば控えた方が無難です。最終的には自分の身は自分で守るしかありません。きちんとチェックをして、起こり得るトラブルを自分から避けるという事がより大切になってきています。

看護師の勤め先(訪問看護について)

「訪問看護」とは、患者さんが病院に診察に来られるという従来のパターンとは異なり、看護師が患者さんの自宅を訪問して、ケア等を行なうサービスを意味します。患者さんの自宅を訪問した看護師は、症状の確認や、介護の業務、リハビリの支援等を行ないます。

訪問看護の目的は様々で、いわゆる延命治療ではなく、「ターミナルケア」と呼ばれる、痛みを抑えることを主目的とした治療を行なうこともあります。そういったケースの場合、患者さんは高齢者の方が多く、寝たきりであったり、病状が末期的状況であったりする場合が多いのです。

看護師には、医師の指示なしで医療行為を行なう権限はありませんので、医師と事前に患者さんのケアに対する協議を行い、患者さんの状態を見て、最も適した処置を行なう必要があります。ですから、臨機応変に対応するフレキシブルな姿勢が要求されます。

高齢化が加速する日本において、今後、訪問看護の仕事は、ニーズとしてもどんどん増加すると予想され、現時点においても求人の数は非常に多いです。求人内容を見ると、日勤のみというのが多いですが、場合によっては、患者さんからの急な連絡にも対応可能なように、電話をそばにおいて待機しなければならないこともあります。

また、業務の内容柄、臨床経験が必要という求人も少なくありません。訪問看護の場合、基本的に一人で訪問して作業を行なうため、看護の業務を自分だけで一通りこなす必要があります。

もちろん、患者さんだけでなく、ご家族の方の不安や悩みを少しでも軽減させることも、訪問看護の大事な役割の一つです。そのためには豊富な経験と知識が要求されるので、訪問看護の求人に経験豊富な人材が求められるのもうなずけます。

前述したように、訪問看護の仕事は、病状が末期の患者さんが自宅で安らかに人生の幕引きができるように手助けするような場合が多いので、精神的にも重い仕事ではありますが、それだけにやりがいも大きいと言えるでしょう。

新人看護師の方にはかなり大変かもしれませんが、看護師のエッセンスを全て包含したような仕事内容なので、自己のレベルアップには非常に大きな貢献をしてくれるでしょう。訪問看護にも様々な求人内容がありますので、自分の希望に合った求人をじっくり選びましょう。